アムステルダム好きの僕が「おすすめ観光スポット5選」を紹介する

僕はアムステルダムに過去3回訪れました。これまでブログでオランダに関する記事をいくつか書いてきましたが、今回はアムステルダム観光をする際にぜひ訪れてほしい場所をまとめました。
ただ単におすすめ場所をまとめるだけでなく、自分の体験に基づいた話も交えながら、役立つ情報を書こうと思います。

01. アムステルダム名物の「愛の南京錠」がある絶景スポット

f:id:rindarinda5:20160831030432j:plain

初めてアムステルダムに訪れた時に、適当に散策していたところ偶然この景色を目にしました。思わず早く写真におさめたいと思わせるほどの美しい風景でした。南京錠に加えて、運河沿いに並ぶ建物、そしてその先にそびえ立つ「南教会」の組み合わせがなんともロマンチックです。
ちなみにこの「南教会」はアムステルダム最初のプロテスタント教会で、あの有名な画家レンブラントの代表作である『夜警』はこの教会で描かれたと言われています。

レンブラントの代表作「夜警」の紹介

f:id:rindarinda5:20160831031946j:plain

「愛の南京錠」へのアクセス

f:id:rindarinda5:20160831033247j:plain

写真にある橋の上を渡れば「愛の南京錠」が撮影できるスポットに到着です。

02. 写真撮影で観光客が多く集う大人気のスポット「I Amsterdam」

f:id:rindarinda5:20160927230058j:plain

f:id:rindarinda5:20160928151226j:plain

f:id:rindarinda5:20170121153333j:plain

写真を見て分かる通り多くの観光客で溢れかえっています。背景にアムステルダム国立美術館があり、とても綺麗です。
ここで友達と一緒に撮影をしましたが、今振り返ってみても良い思い出になったなあと思います。

「I Amsterdam」とは

これはアムステルダムの都市プロモーションして2003年から開始しました。

「I amsterdam」という言葉から分かるようにアムステルダムに住む人、来る人、関わる全ての人がアムステルダムを表現する存在であるというメッセージが含まれています。

「I Amsterdam」へのアクセス

アムステルダム国立美術館へ向かえば、辿り着くことが出来ます。「I Amsterdam」のロゴが目に留まるので、すぐに分かるでしょう。

03. 現地の暮らしぶりが垣間見える「アルバート・カイプ市場」に訪れよう

f:id:rindarinda5:20160927233242j:plain

f:id:rindarinda5:20160927233339j:plain

ぼくは海外旅行の楽しみの一つとして「市場に訪れる」があります。市場に行くことで、地元の人の暮らしぶりを目の当たりにでき、その国の雰囲気を一番掴めるからです。
なにより旅をしている感があります。

f:id:rindarinda5:20160927234404j:plain

f:id:rindarinda5:20160927234017j:plain

アムステルダムで市場に行く際は、まずは「アルバート・カイプ市場」で間違いないでしょう。一本通りの青空マーケットになっています。
小腹が空いた時には、屋台でつまみ食いするのもおすすめです。とにかく歩いているだけで楽しいです。

「アルバート・カイプ市場」へのアクセス

04. アムステルダムで一番人気!「Vleminckx Fries」で本場フリッツを堪能しよう

f:id:rindarinda5:20160829165050j:plain

f:id:rindarinda5:20160829172652j:plain

フリッツとはオランダのフライドポテトのことを指します。
おとなりの国、ベルギーが発祥の地とされていますが、オランダ国内においてもフリッツは大人気で多くのフライドポテト専門店があります。

「Vleminckx Fries」が大人気の理由

毎年オランダでは、日刊紙Algemeen Dagblad社がオランダ国内にあるフリッツ店をランキング形式で発表しているのですが、Vleminckx Fries」は2013年にオランダ全国で3位、そしてアムステルダムで1位を受賞しました。それによる影響なのか、どんな時間帯に訪れても多くの人で溢れかえっています。それほど人気店なのです。

フライドポテトの料金

  • 小 – 2.10ユーロ
  • 中 – 2.70ユーロ
  • 大 – 4.10ユーロ

フライドポテトの量は3種類があり、それぞれの量に応じて値段も変わってきます。ぼくが実際に購入した量は小でしたが、正直それでも十分な量が入っていてかなり満腹になります。
ポテト自体のサイズも日本のと比べると、太く食べごたえもあり、揚げたてなのでとても美味しいです。ソースは基本的にケチャップとマヨネーズをかけますが、他にも25種類ほどあるので、好みによって選べて色々な味を楽しめます。

営業時間とアクセス

営業時間

日曜日

午後 12:00 – 午後 7:00

月曜日

午後 12:00 – 午後 7:00

火曜日

午前 11:00 – 午後 7:00

水曜日

午前 11:00 – 午後 7:00

木曜日

午前 11:00 – 午後 8:00

金曜日

午前 11:00 – 午後 7:00

土曜日

午前 11:00 – 午後 7:00

アクセス

アムステルダム中心街に位置しており、アムステルダム中央駅からは徒歩20分ほどの距離にあります。

05. 本場のパンケーキを食べるなら「The Pancake Bakery」がおすすめ

f:id:rindarinda5:20160928140231j:plain

f:id:rindarinda5:20160928141019j:plain

実はここのパンケーキ屋には訪れたことがないのですが、アムステルダムの中でも常に大人気のパンケーキ屋ということで、集めた情報をもとに紹介します。
次にアムステルダムへ訪れた時は必ず行ってみたいと思います。

美味しそうなパンケーキを紹介

ぼくはオランダのナイメーヘンという都市で、初めてオランダのパンケーキを食べました。
日本では、パンケーキというとクリームがたっぷり乗っかった甘〜いものを想像すると思うのですが、オランダのパンケーキはそうではありません。もちろん、日本のようなパンケーキもありますが、ここオランダでは薄焼きのパンケーキにチーズ、野菜、ベーコン、肉などをのせて食べるのが主流です。お好み焼きのような感じでした。味はもちろんとても美味しかったです。


営業時間とアクセス

営業時間

日曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

月曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

火曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

水曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

木曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

金曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

土曜日

午前 9:00 – 午後 9:30

アクセス

観光名所「アンネ・フランクの家」から徒歩5分ほどの距離です。「アンネ・フランクの家」に訪れてから「The Pancake Bakery」に行くのも良さそうです。

アムステルダム観光をするときに役立つ情報まとめ

おすすめの観光スポットを紹介しましたが、プラスアルファで知っておいて損はない情報も紹介します。

アムステルダムの地図PDF版を保存・印刷しよう

f:id:rindarinda5:20160928152146p:plain

こちらをクリックするとアムステルダムの地図をダウンロードできます。
PDFになっているので、お使いのスマートフォンなどの端末に保存ができますし、印刷もできます。全て英語ですが、自分なりにカスタマイズすれば十分に利用できます。

アムステルダム観光で持っていきたいおすすめの一冊

旅行に持っていくべき本として「地球の歩き方」がよく紹介されますが、アムステルダムに限定するならば「地球の歩き方」は少々分厚すぎますし、内容もそこまで網羅されていないので以下の本をおすすめします。
僕も実際にアムステルダムの旅行に持っていったのですが(友達にもらった)、内容がオシャレで眺めているだけでとてもワクワクします。
女性の方は特にこういった本が好きな人も多いのでおすすめしたいです。

「I amsterdam city card」を購入して、お得に観光をする方法

blog.hankyu-travel.com

ぼくは購入したことがありませんが、内容を見ると確かにお得そうです。観光をがっつりしようと考えている人は、検討してみてはどうでしょうか。

1日券(49ユーロ)、2日券(59ユーロ)、3日券(69ユーロ)があり、これを使えばアムステルダムの主要美術館、博物館、観光アトラクションが何箇所でもフリー・パス、そしてGVB(アムステルダム市営交通会社)が運営する市内のトラム、地下鉄、バスが乗り放題です。

 アムステルダムの雰囲気を知りたい方はコチラの記事をどうぞ

【オランダ旅行記】アムステルダムの魅力を写真40枚で振り返ってみた

 オランダでヒッチハイクに挑戦しようと考えている方に向けて

オランダで超簡単にヒッチハイクで旅ができる方法を紹介

アムステルダムからドイツの首都ベルリンにヒッチハイクをした時のことをまとめた記事です。オランダでは簡単にヒッチハイクができる仕組みがあります。交通費も浮きますし、現地の人との出会いもあり、良い思い出になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です